当事務所について

unsereKanzlei

クライアントとの信頼関係に基づいた最高レベルのリーガルサービス

テュメル、シュッツェ&パートナーはドイツ国内4都市及び国外2都市に拠点を置くビジネス法務を中心に取り扱う法律事務所です。1973年にドイツ・シュツットガルトにて開業して以来成長発展を続け、現在では50名以上の弁護士及び2ヵ所の公証事務所が所属しております。

我々は当法律事務所を企業または事業家の方々のアドバイザ-でありパートナーでもあると理解しています。クライアント重視の姿勢で皆様がそれぞれのニーズに応じた、高度な法的専門性に基づきながら実践的で最善の解決を得られるよう日々業務に取り組んでいます。

当法律事務所では上場企業から家族経営などの中小企業、または公共機関など幅広い顧客の方々から依頼を頂いております。現在では主に銀行、保険業、自動車産業、機会製造業、メディア関連、製薬産業、建設業や不動産業などの業種の法人クライアントの皆様にサービスを提供させていただいておりますが、法人に留まらずその役員の方々にも以前に増して高まる役員個人に対する法的要件、そして役員責任リスクに関するアドバイスもいたしております。

当事務所は多岐にわたる業務分野において豊富な専門知識と経験を有しております。これまで数多くの重要な経営決断、企業再編、合併やその他のビジネスプロセスにリーガル面からのサポートを通して関与しており、また法廷でも訴訟代理人や専門家証人などとして様々な案件に携わってまいりました。

また、現在主に取り扱っている業務内容以外にもコーポレートガバナンス、コンプライアンス、金融に関わる問題、PPP事業や薬事法に関わる政府調達など社会のニーズに応じた新規法律分野にも積極的に取り組んでいます。

我々はシンガポール及びベルギー・ブラッセルにも事務所を開設しており、また世界各国の法律事務所ネットワークであるTer­r­a­Lexの一員として他の加盟事務所と協力し、国際的に重要な市場全てにおいてグローバルに対応できる体制を整えております。
特に西及び南ヨーロッパ、南及び東南アジア、そして米国関連の国際法律業務においては長年の実績があります。米国ではパートナー事務所Co­zen O’ Con­nor法律事務所と連携して業務を行っております。

当法律事務所は拠点を置く都市または専門分野に留まらず、幅広く高品質なリーガルサービスを個人的な信頼関係を築きながらご提供いたします。複数の専門分野にまたがる大きなプロジェクトには弁護士チームを編成し、案件処理を進めてまいります。我々は効率的で創造的、そして特に高品質なリーガルサービスを提供することを常に心掛けています。
速やかな対応が当事務所の強みであり、迅速で一貫した、なおかつそれぞれの案件に適切なサービスを提供いたします。

Prof. Dr.ロデリッヒ C.テュメル、LL.M.
マネジメント代表